読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

walking

デザイン関連書籍を中心にまとめや感想などを書きます

永原康史『インフォグラフィックスの潮流: 情報と図解の近代史』

_book インフォグラフィックス デザイン史

インフォグラフィックスの潮流: 情報と図解の近代史

インフォグラフィックスの潮流: 情報と図解の近代史

本書はインフォグラフィックスの形成と各時代の代表的な作品を豊富な資料によって解説する。インフォグラフィックスという分野における良質な成果とそれを牽引してきた人々についての考察がなされる。情報デザインの理解を助ける内容となっている良書。

ちなみに「インフォグラフィックス」という言葉は、本書ではダイアグラム、チャート、グラフ、図解、ピクトグラムなどの情報の視覚化手法全体を示す言葉として使用している。

都市交通図

第一章では、ロンドン市交通局が20世紀初頭に生んだ地下鉄路線図、通称『ベックマップ』(1931-1960年前後)を中心とした、都市交通図の起こりからUERLのフランク・ピックが導いたCIやポスターグラフィックについての考察がある。

図解と統計

第二章では、レオンハルト・フックスの『新植物誌』(1542年)が、単に対象を描写した絵から、対象の概念を伝えるための描写を加えた図への転回が起こったポイントとして参照されている。フックスは、3種類の桜の枝を1本の木に描いた図を残し、変化する実、結実した花を同一の図にまとめ、絵としての描写を超越した表現を行っている。

ビュフォンの『博物誌』(1749-1804年)、ディドロとダランベールの『百科全書』(1751-72年)も見応えがある。

視覚言語

ブリントンによるグラフィックメソッド

1914年のウィラード・C・ブリントンによる『グラフィックメソッド』では、現代の私たちが用いるデータを可視化する方法のほとんどが解説されている。帯グラフ、円グラフ、チャート、ダイアグラム、棒グラフ、ピクトグラムグラフ、地図、チャート……。20世紀初期にはすでに体系化が進んでいたのである。

ノイラートによるアイソタイプ

同時代にはオットー・ノイラートによるアイソタイプも注目に値する潮流のひとつである。ゲルト・アルンツによるシンボル(ピクトグラム)制作と、のちのマリー・ノイラートによるトランスフォーメーションの功績が視覚言語の発展に大きく影響を与えた。

可視化と物語化

サリヴァンによるニュース図解

ピーター・サリヴァンは「グラフィックジャーナリズム」あるいは「ニュースグラフィック」と呼ばれる新しい情報デザインの領域をつくり、取材、編集、ドローイングまでを行ったという。活字中心の新聞に新しい表現を持ち込んだ。

タフティとチャートジャンク

エドワード・タフティによる情報デザインに関する著書『定量情報の視覚表示』(1983年)を皮切りに、研究成果を次々に出版している。統計情報の視覚化を中心とした定量的で客観的な表現を提唱し、分析と印象操作を含んだやり過ぎの装飾表現を「チャートジャンク」と名づけて、批判している。

ワーマンと理解のデザイン

情報デザインや情報アーキテクチャの分野をリードしていたリチャード・ソール・ワーマンは、物事を分かりやすく伝えるためのデザインを唱えている。

また、以下の書籍もインフォグラフィックス史上で参照したい。

  • ハーバート・バイヤーによる『ワールド・ジオ=グラフィック・アトラス』(1953年)
  • ウィルター・ハーデグ編『グラフィス・ダイアグラム』(1974年)

感想

ここまで体系化された文献はなかなかないので、歴史理解がはかどったのと丁寧な考察に満足している。

  • 地下鉄路線図のデザイン的な改良の過程は実に面白く、特に、駅の地理的なマッピングとトポロジカルなマッピングとの間での揺れ動きや、ニューヨークの地下鉄路線図における同様の問題については興味深いものがあった。
  • 絵と図の境目は難しいところだが、博物図譜の例は分かりやすく腑に落ちた。

関連書籍

Otto Neurath: The Language of the Global Polis

Otto Neurath: The Language of the Global Polis

The Visual Display of Quantitative Information

The Visual Display of Quantitative Information

THE BOOK OF TREES―系統樹大全:知の世界を可視化するインフォグラフィックス

THE BOOK OF TREES―系統樹大全:知の世界を可視化するインフォグラフィックス