読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

walking

デザイン関連書籍を中心にまとめや感想などを書きます

リチャード・ソウル・ワーマン『理解の秘密―マジカル・インストラクション』

理解の秘密―マジカル・インストラクション (BOOKS IN・FORM Special)

理解の秘密―マジカル・インストラクション (BOOKS IN・FORM Special)

私たちの生活を動かしている膨大な量のインストラクション。それは情報伝達の手段であり、全コミュニケーションの半分はインストラクションのやり取りであると著者のワーマンは言う。インストラクションを噛み砕いて言えば「説明」とも言える。人と人とのコミュニケーションを成立させるための道具である。ただ、我々はコミュニケーションの基本ともなるこのインストラクションについての学習をまともに受けてこなかった。それがあらゆる問題を生む。いつでも職場でのコミュニケーションは難しく、多機能の機械はまともに扱えない。

本書の発行が1993年だから、2016年の終わりを迎えようとしている今、インストラクションの量は半分とは言わず、もっと多くの割合を占めるのではないだろうか。インストラクションの構造を理解し、機能するインストラクションをどうデザインするか、良いインストラクション、悪いインストラクションについて、また送り手・受け手の特性について、書いてある。

インストラクション入門

インストラクションを与える能力、インストラクションに従う能力、このいずれもが何かを成功に導くためには必須である。

インストラクションとコミュニケーションは表裏一体の関係にあり、これは周囲の人々とどう関わったら良いか、どうやったらうまく仕事が進むか、身の回りの世界をどれだけ理解できるか、といった点で重要な役割を果たしている。つまり、情報を手に入れたりそれを体系立てて理解するためには、それをうまく取り扱うための方法が必要である。それを説明するのがインストラクションである。

作曲家が我々に提供してくれるのは、音楽そのものではなく、音楽を演奏するインストラクションである。

なぜインストラクションに従えないのか

普段の生活の中でもほとんどの人が規則を守るように仕向けられている。(日本においては)車は左側走行という具合に。しかしなぜ「言われた通りにしている」のにインストラクションに従うのに苦労するのか。しばしばインストラクションの目的を理解するための情報を与えられていないからなのだ。

コミュニケーション能力をみがく

あらゆるコミュニケーションは、ある人間の理解からほかの人間の理解への翻訳作業である。したがって、ある人間の知覚と経験のフィルターを通さなければならないし、すべてのメッセージは翻訳が必要である。

  • コンテクストの使い方を身につけよう
  • メッセージの形式ではなく、内容に注目しよう
  • 抽象概念を具体的描写に移し替えよう
  • メッセージがこれぞという相手にストレートに伝わるようにしよう
  • 誤解をただすための質問能力をみがき、情報を引き出そう
  • 聞く能力を高めよう
  • メッセージをすっかり理解するまで、感情的にならないようにしよう

送り手と受け手

我々は毎日インストラクションの送り手と受け手の両方の役を演じている。より良い送り手となるには・より良い受け手となるには自らのインストラクションのスタイルを理解することが欠かせない。まずは己を知ろう。すると対人関係の分析が行えるようになる。

インストラクションのシステムと構造

インストラクションはたんに何々せよというメッセージではない。構造を理解しメッセージがうまく伝わるように配慮しなければならない。

  • 送り手
  • 受け手
  • 内容
    • 種類
      • 過去指向で知識の移転に関わるもの
      • 現在指向で行動に関わるもの
      • 未来指向でなんらかの行動を求めるもの
    • 構成要素
      • 1 使命 Mission
        • あるインストラクションがなぜ与えられるかを説明するもの。使命を認識すれば、手段や形式を内容と混同したりすることなどが抑えられる
      • 2 最終目的 Destination
        • 目的はスコープを定める
      • 3 手順
        • ほかのすべての構成要素が方向づけられる実際の指示内容
      • 4 時間
        • インストラクションの実行にかかる予想時間。間違いがあった場合にそれを知ることができるし、不毛なあるいは間違った方向への努力を減らすことができる
      • 5 予測
        • インストラクションに安心を与える要素で、実行中に出くわすであろう自体を示す。時間に関する誤解や不明瞭な目標をただすことができる
      • 6 失敗
        • 実行する側が間違った場合に関する指摘。フラストレーションを軽減するのに効果的である
  • チャンネル
    • メッセージの形式と体裁。インストラクションの表現方法
  • コンテクスト
    • インストラクションが投げ込まれる場面で以下の3つのレベルがある
      • すぐ周りの環境
      • その実行に伴う影響といったより広い適用範囲
      • すべての関係者をとりまく経済的・社会的状況

エンパワーメントが組織を活かす

エンパワーメントによって、人は与えられたインストラクションを超えることができる。

  • エンパワーメントは権利と責任を与える
  • エンパワーメントはインストラクションへの依存を減らし、それを誤解する可能性を最小限にする
  • エンパワーメントは独創的なアイデアを奨励する

インストラクションの受け手

インストラクションを受けとる側にも注意事項と責任がある。

  • 自分で解釈した上で対応しよう
  • インストラクションを理解できない場合は確認しよう
  • 正しいインストラクションかどうかを見極めよう
  • 対応方法を選ぶ権利が自分にあることを認識しよう

感想

インストラクションという切り口そのものが面白かった。その概念を手に入れられたのが良かった。伝えたいメッセージがうまく伝わらないことは往々にしてあるが、本書のインストラクションという物差しはそれを改善するためのアクションを取りやすくしてくれる。ケースバイケースでその場しのぎの改善しかしていなかったらいつまでたっても本質的なコミュニケーション改善は期待できないように思える。インストラクションのうちの何が自分に足りないのか、自分自身を理解するところから始まる。

本書は大きく捉えればコミュニケーションを主題としている。特に仕事上のコミュニケーションを改善するヒントが詰まっていると思う。上司と部下だったり、経営者と従業員という関係性を前提とした話が多くある。そのため会社で働いている人であれば、日常の仕事風景のイメージが理解を深めてくれると思う。後半はコーチングの話となっているので、人を育てる立場の人は色々と学べるはずだ。

関連書籍

コーチング・マネジメント―人と組織のハイパフォーマンスをつくる

コーチング・マネジメント―人と組織のハイパフォーマンスをつくる

文体練習

文体練習